潜岩 新潟県佐渡市

ニコンD610 14-24mmf2.8G ISO100・F5.6・3515秒 AWB 2017年5月28日23:27撮影

本来なら空からの残光のみで枕状溶岩の模様を描写したかったが、手持ちのLEDライトを防波堤にバウンスさせて撮っている。これは少し離れた所にある外灯の影響で、岩のど真ん中に防波堤の直線の陰影が出てしまうからだ。肉眼ではほとんど見えないような陰影だが、デジタルカメラは微光をよく拾うので写真には写ってしまう。皮肉にもカメラの性能が上がったお陰で、ますます暗闇が遠のいて行く感じだ。星の光跡は、比較明合成ではなく、きちんと1時間の長時間露出した。

【潜岩(くぐりいわ)】

海底で粘り気の少ない溶岩が噴出すると、その表面は海水で急冷されて瞬時に固まってしまう。しかし閉じ込められた溶岩の温度でその一部が溶けて破れ、そこからまた流れ出していく。冷やされて固まり、破れて流れ出る。これを繰り返すことで、枕を積み重ねたような溶岩の流動痕ができる。これを枕状溶岩と言い、急冷された溶岩の表面が、潜岩の白い雲形模様の正体である。

▼各SNSにこの記事をシェアする

画像の無断コピーはご遠慮ください。 Please do not copy unauthorized copies of images.