仏ヶ浦 青森県佐井村

ニコンD610 VR24-120㎜f4G ISO100・f13・1/1.3・晴天 2016年10月19日16:48撮影

白い岩塔群が海に向かって立ち並ぶ、浄土を思わせるような空間が仏ヶ浦の魅力であるが、それを形作ている大元は凝灰岩の表面に走る無数の縦の溝である。波しぶきと風雨による浸食の証だ。それを強調するために、岩塔の輪郭線を外してフレーミングしてみた。ファインダー全体に溝の縦線があふれ、見たことのない怪異な岩の風景が現れた。

【仏ヶ浦】

大陸の縁が裂けて広がり、海になることで列島が形成されるが、その際、拡大を続ける日本海の海底では大規模な火山活動が続いた。その時噴出した大量の火山灰が堆積してできた岩が、日本海側を中心に数多く見られる。少し緑色掛かって見えることから緑色凝灰岩、またはグリーンタフを呼ぶ。仏ヶ浦の岩もこの岩からなっている。

画像の無断コピーはご遠慮ください。 Please do not copy unauthorized copies of images.