仏ヶ浦の奇岩 青森県佐井村

キャノン5DⅢ EF24-105mmf4 ISO100・f16・1/50・太陽光・PL 2014年10月16日 10:51撮影

遊覧船で上陸する方法もあるが、写真を撮るには滞在時間が短すぎるので、いつも断崖上の駐車場から長い階段を延々と下ることになる。降り立った場所は、凝灰岩の岩壁に囲まれた猫の額ほどの海食台の上だ。その上に波による浸食を受けた奇抜な形をした岩が点在している。目に入る植生も少なく、奇岩と海だけの閉じられた空間に居ると、ここが地上に現れた「浄土」のように思えてくる。

【仏ヶ浦】

凝灰岩の薄青緑色と、浸食による岩の表面に走る無数の縦の筋が、景観に独特の雰囲気を与えている。下北半島の最奥の地にあたるため、観光客の姿もほとんどなく、秘境気分が味わえる。

▼各SNSにこの記事をシェアする

画像の無断コピーはご遠慮ください。 Please do not copy unauthorized copies of images.