嘉陽層の大褶曲 沖縄県名護市

ニコンD610 VR24-70mmf2.8E ISO100・f11・1/15・晴天・PL・2017年3月15日15:45撮影

「褶曲」は、大地のダイナミズムを実感できる最上のシーンだ。かつて琉球海溝の底にたまっていた地層が、幾重にも折れ曲がり、空を背に聳え立っている。その途方もない「営み」に圧倒されて立ち尽くした。

【嘉陽層の褶曲】

沖縄県名護市・バン崎にあるタービタイト層の褶曲。海洋プレートの上にたまった堆積層(タービタイト)は、海洋プレートが大陸プレートの下にもぐり込む際、陸地の縁に剥ぎ取られて折り重なっていく。この褶曲はその際にできたものだ。規模の大きさも魅力だが、個人的には褶曲の美しさに強く惹かれる。

画像の無断コピーはご遠慮ください。 Please do not copy unauthorized copies of images.