隠岐諸島 島根県隠岐の島町 他

「八甲田山」「大雪山」「八ヶ岳」、誰もが知っている山の名前ですが、これらは山群の総称であって、この名を持つ山頂は存在しません。

島根県の「隠岐の島」もこれと同じで、単体の島としての「隠岐の島」はありません。私はずっと「隠岐の島町」がある大きな島がそうだと思っていましたが、正式には「島後(どうご)」と呼びます。島の名前でありながら、「島」という漢字で終わらない珍しいケースです。その島後の南西約20kmにある西ノ島・中ノ島・知夫里島の三島を合わせて「島前(どうぜん)」と呼びますが、この島前と島後を合わせてはじめて「隠岐の島」となるのです。

隠岐を代表する景観と言えば、島後のローソク島と夕陽が重なるこの光景です。

隠岐の島へのアクセス

隠岐の島へのアクセスは、フェリーか高速艇による海路と、隠岐空港を利用する空路があります。空路は、隠岐空港と出雲空港、大阪の伊丹空港を結ぶ便がそれぞれ一日一往復飛んでおり、例えば午前中に羽田空港を出発し、伊丹空港で隠岐行きの飛行機に乗り継げば、昼過ぎには島後に到着することができます。「時短」で考えるなら空路に勝る移動手段はありません。

海路の本土側の玄関口は、島根半島の先端にある七類港(フェリー「しらしま」は境港が発着港)になります。朝の七類港の桟橋には、2隻のフェリーが船尾を向かい合わせに並んでいて、島後から島前各島をまわるフェリー「おき」と、島前各島から島後をまわるフェリー「くにが」が、朝の9時台に前後して出港します。夜行で車を港まで走らせるか、松江や米子あたりで前泊をしてこの便に乗ると、昼前には最初の島に到着します。隠岐の島と本土との距離は約50km程度なので、乗船時間も2時間と長く感じることはありません。遠ざかる島根半島の山々を眺めながら、ふと船首側に目をやるとすでに隠岐の島影が薄っすらと見えはじめています。

島後と島前の両方を回るのなら最低でも2泊は必要です。それでもやや強行な行程になってしまうので、どちらか一方にしぼる方がのんびりと島を楽しめます。3泊以上の予定がとれるのなら4島すべてを見て回るとよいでしょう。

島前と島後の移動は隠岐汽船のフェリーか高速艇を利用します。便数が少ないので、それに合わせた旅のスケジュールを立てておきます。島前の3島間の移動は、内航路のフェリーと高速艇が頻繁に行き来しているので不便を感じません。予約もなくまさに島民の足がわりとなっています。

フェリーの船体に朝日が当たり、それを眺めながら島旅への期待が膨らむ。

七類港フェリーターミナルの全景。

乗船券売り場。夏のハイシーズンに車を積むなら事前に乗船予約をしておいた方がよい。

本土、島前、島後を結ぶ隠岐汽船のフェリー。

島前の3島を結ぶ内航船フェリー。人だけを運ぶ高速艇もある。

島前カルデラ

島前の地図を広げます。内海にコブのように突き出た西ノ島の焼火山をないものと仮定して、3島それぞれの稜線をたどっていくと、島々の間の「海峡」を越えてひとつの大きな円になることがわかります。海上に浮かぶ島だと思うとなかなかイメージしにくいのですが、これはまぎれもなく阿蘇山や十和田湖などでよく耳にする「外輪山」です。その円の連なりがわかると、3つの島々に囲まれた内海は、大地が陥没してできた「カルデラ」であることに気が付きます。

島前3島は元々はひとつの大きな火山島でしたが、ある時噴火によって空洞となった「マグマだまり」の上部が崩壊・陥没し、島の中央部に巨大な凹地ができました。巨大カルデラの誕生です。その後もカルデラ内で火山活動は続き、後に今の焼火山となる火山が新たに現れました。

しばらくはカルデラを持つ大きなひとつの島であった島前も、日本海の浸食により、外輪山の一部が決壊しカルデラ内に海水が流れ込み、いつしか今のような内海を持つ3つの島となったのです。

この大きなカルデラを「島前カルデラ」と呼び、日本の地質100選にも選ばれ、世界ジオパークとして認定される大きな理由のひとつにもなっています。島前の島の小高いところからは、どこからでも焼火山を中心とした島内カルデラを見ることができます。これを普通に「内海」として見るのか、大いなる「カルデラ」をイメージしながら眺めるのかで、自分が立っている島の意味が大きく変わってきます。風光明媚でのんびりとした島の風景が、戦慄を覚えるほどの灼熱と轟音のイメージに一変します。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

知夫里島の赤ハゲ山から。画面中央奥に聳える焼火山を中心に、左奥に西ノ島、右奥に中ノ島の連なりが広がる。ここから眺める島前カルデラが一番スケール感があり、地形を理解しやすい。

西ノ島・摩天崖への分岐付近から。左端が焼火山、中央奥が知夫里島。雰囲気はあるが、カルデラの半分しか見えていない。

中ノ島の県道318号、通称「中ノ島スカイライン」から。左奥が知夫里島・赤ハゲ山。右が焼火山。

知夫里島の赤壁

知夫里島の風景① 赤壁。写真でこの赤を出すのがひと苦労。光を変えて何度も展望所に通ったが、夏の午後はどんどん逆光となり成果は出ず。むしろ日の出後の太陽光が赤壁に当たる前が最適だった。

知夫里島の風景② 赤ハゲ山展望台からの島前カルデラ。ここからの眺めが島前で一番だと思う。日本海の海原に沈む夕日もキレイだが、中ノ島の向こうから昇る朝日は格別に美しい。

知夫里島の風景③ 日本海の夏の風物詩、イカ釣り船の漁火。その数の多さと明るさに唖然とする。本当は漆黒の闇夜に立つ天の川を期待したが、ほとんど都会の星空と見え方が変わらなかった。

知夫里島の風景④ 山頂付近の放牧地。道路をふさぐ牛たちに最初は驚くが、車をゆっくりと近づけると「仕方ないなあ~」と起き上がりよけてくれる。写真の背景は中ノ島。

知夫里島の風景⑤ 遊覧船からの赤壁。赤い岩の層と普通の玄武岩の層、それを貫く白い岩脈。巨大な抽象絵画を見るよう。

島前3島をどのような順番でまわるかは、船便の運航スケジュールを見ながら考えます。カメラマンである私の場合は、光線の当たり具合も考慮しながらスケジュールを立てました。今回は1日目に七類港を出港する隠岐汽船のフェリー「くにが」で知夫里島に渡り、昼から夕方まで赤壁を中心に撮影。2日目は、朝の9時台の島前フェリーで西ノ島の別府港に移動し、夕景までしっかりと島内を撮影。3日目は、朝の8時台に島前フェリーで中ノ島に移動し、約3時間撮影して、隠岐汽船の「くにが」で島後へと移動しました。自家用車の運搬がなく、自分の体だけなら高速艇も利用できるので、移動の選択肢はさらに増えます。

知夫里島の地形の見どころは何と言っても「赤壁」に尽きます。国の天然記念物にも指定されてるこの赤い岩の断崖は、どのようにしてできたのでしょうか?

一般に溶岩は火口からドロドロと流れ出るイメージがありますが、溶岩のなかに火山ガスが大量に含まれると、沸騰する水のように飛沫になって飛び散ります。飛沫となった溶岩は空気に触れることで一瞬で酸化し、地上に落下した時にはすでに「赤壁」と同じ赤さび色に変色しています。これが度重なる噴火で降り積もり、厚く堆積したものが「赤壁」です。

同じ成分の溶岩であっても火口から流れ出た場合、空気に触れることがない溶岩の内部は黒っぽいままになります。このように岩の色の違いから、そこでどのような火山活動があったのかが推測できるのです。

島前の外輪山では、他にも西ノ島の国賀海岸や中ノ島の明屋海岸でもこの赤い岩を目にします。島前全体で、流れ出る溶岩があり、飛沫を上げるような噴火もありと、様々な火山活動があったことが海食崖を見ることで想像できるのです。

知夫里島の来居港と県道に続くループ橋。

知夫漁港。 石州瓦のオレンジ色と海の青さの対比が美しい。

赤ハゲ山から見下ろした島の南東方向。山頂部の牧草地は、自然のものではなく人為的に作られた。牧畑農法のための古い石垣が残る。

展望所からの赤壁全景。写真右手前の草が剥げたところに立って赤壁を見下ろすが、足下は切れ落ちた断崖となっている。

赤壁のサンセットクルーズ。知夫村の観光協会に予約をする。12,000円を乗船人数で割る勘定。仮に自分ひとりであっても乗るべき。

生痕化石などが見られる島津島へ続くお松橋。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

火山島の断面 国賀海岸 西ノ島

西ノ島の風景① 島前を代表する景観、摩天崖から見下ろす国賀海岸。国賀海岸の魅力はなんといってもこの切れ味。コントラスト高めの画像調整でそれを表現した。

西ノ島の風景② 遊覧船から見た国賀海岸の断崖。赤い層が度々現れるが、これは流れ出た溶岩の表面が空気に触れて酸化したためで、その重なりから幾度も溶岩の流出があったことがわかる。

西ノ島の風景③ 観音岩と夕陽。島後のローソク島と似ているが、こちらは輝く海面と岩のシルエットを重ねて後光に見立てる。8月頃に国賀浜へ下る遊歩道上から見られる。

西ノ島の風景④ 宵空と月光に浮かぶ通天橋。夕日が沈んだ後、西の夕空と通天橋を撮影。本来はシルエットになる通天橋だが、南中の位置に上弦の月があり、月光でその姿を薄っすらと見せてくれた。

西の島の風景⑤ 鬼舞展望台付近から見る知夫里島。牧草地が広がるとても気持ちのよい場所で、島前カルデラや日本海に沈む夕日が見られる。

西ノ島の風景⑥ 焼火神社。カルデラに突き出た焼火山の八合目に建つ。「焼火山」と言う字のイメージから火山の神様を連想したが、「焼火権現」という名の神様が神社名の由来となっている。夜間航行の舟の目印となる「火」の神様で、船舶関係者からの広い信仰を集めている。それにしても、激しいカルデラ噴火の跡の山に「焼火」という名がついた偶然に不思議な縁を感じる。

国賀海岸は、西ノ島の北西方面に広がる断崖の景勝地です。聳え立つ外輪山を日本海の荒波が長い年月をかけて削り出したので、高さ、海岸線の長さ、見られる海食地形の多彩さなど、日本各地に点在する「断崖の景勝地」のなかでも、スケールの大きさと言う点で群を抜いています。海面からの標高が275mもある摩天崖に至っては、付近にこれ以上高い地点がないので、「聳え立つ」と言う点では、今がちょうど「見頃」だと言えます。

隣の知夫里島の赤壁も同じですが、もともとは外輪山の山体が波によって削られて断崖になっているので、そこには島前火山の内部が断面となって現れています。観音岩や通天橋など、彫像としての奇岩巡りも国賀海岸の魅力ですが、やはりその断面から火山島としての地質史を感じ取ることこそが、國賀海岸を観る本質ではないかと思うのです。

ただ専門家ではない者(私も含めて)が断崖を見て、ここで何か起こったかを正確に読み解くことは不可能で、なんとなくのイメージが得られればいいのではと思います。できれば常時、地形の解説資格を有した人と見学できる環境が整うとよいのですが…。

断崖をよく見ると赤色をした岩の層が何層もある事がわかりますが、これは地上に流れ出た溶岩が空気に触れることで表面付近が酸化して変色したものです。知夫里島の赤壁が赤くなった過程と同じです。この赤い岩の層に着目するだけでも、断崖が語り掛けて来る内容が変わります。赤い層の数を数えることで噴火して溶岩が流れ出た回数が分かります。樹木の年輪を数える感覚と同じです。また赤い層と層の厚みは、そのまま流れ出た溶岩の厚さになります。

このように過去を空想することで、実際に目にした地形の姿に、時間の感覚が加わります。この「三次元+時間」こそが地形に対する関心の入口だと思うのです。

ただ実際の岩の層はキレイに積み重なっていることは少なく、曲がったり、途中でずれて消えたり、また別の岩がその間を貫くように入り込んだりと、証拠隠滅の限りを尽くされた「現場」は、混乱の極みです。一般の者にはここで「激しい火山活動が何度もあった」ことだけが伝わればよいのす。

国賀海岸の断崖をしっかり観察するためには、陸からのみでは足りなく、遊覧船に乗って海上から観ることが不可欠です。ただ、限られた時間内で目まぐるしく場面が展開して行く観光遊覧船では、落ち着いて地形を考えたり、写真を撮ったりすることは難しいです。時間があるのなら何度か遊覧船に乗ってみることをお薦めします。

また国賀海岸は島の北西斜面に開けているので、主な見せ場は、太陽が西に傾くほど光が入ってきます。私は午後の最終便に乗船しましたが、北斜面以外は順光から斜光線の光が岩壁に当たってとても写真栄えしていました。

西ノ島のフェリーターミナルがある別府港。国賀海岸の遊覧船は浦郷港からも出ている。

島前フェリー。予約の必要はなく、島前3島を移動するのに便利。ひと区間車一台1,000円。

船引運河。1915年に完成した、内海と外海を結ぶ336mの人工水路。このお陰で、浦郷港からは日本海の外海にダイレクトで出られるようになった。

遊覧船から見た摩天崖。257mの断崖がほぼ垂直に切れ落ちているのがよくわかる。繰り返し火山が噴火した痕跡が層となって現れる。

遊覧船からみた通天橋。午後のひかりがあたり、断崖の色の模様がよく見える。

遊覧船からの「滝見の岩屋」。岩壁に走る白い岩脈を滝に見立ててそれを海蝕洞から眺める趣向。

朝の天井界。波による浸食によってできた奇岩がずらっと並ぶ。

赤尾展望所からの国賀海岸。少し距離があるので力強さは感じないが、国賀海岸の全容がひと目でわかる。

イカ寄せの浜。浦郷港の隣にある小さな入江。数年に一度、実際にイカが浜に打ち上がることがある。

火砕岩を背に立つ焼火神社の本殿。地形的にはまさに島前の「肝」であり、現場もパワースポットの気配が充満している。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

明屋海岸 中ノ島

中ノ島の風景① 明屋海岸。 酸化して赤錆色となった岩石と、沖縄の海を思わせるようなエメラルドグリーンの色の対比がとても印象的。海の色が鮮やかに見える午前中の訪問がおすすめ。

中ノ島の風景②  通称「ハート岩」の海食洞。明屋海岸にある赤い岩峰の基部には何個かの海食洞があり、そのひとつが見る角度によって、きれいなハート型に見える。

中ノ島の風景③ 隠岐神社本殿。この島で崩御された後鳥羽上皇を主祭神として建てられた。上皇を火葬した塚が神社の境内に隣接する。

中ノ島がある町名は、「中ノ島町」ではなく、「海士町(あまちょう)」です。島への移住者が多く、とても元気な島ということでよくマスコミにも取り上げられています。今回は台風の影響で隠岐の島全体の旅行日数を短くした関係で、中ノ島の滞在がわずか3時間になってしまいました。地形を撮るのがギリギリで、次に来ることがあれば、島の若い活気のようなものも感じてみたいと思いました。

3時間の中ノ島滞在で迷わずに選んだのが「明屋海岸」です。ここも赤壁と同じく、鉄分の酸化による赤い岩が主役になります。島前全体の火山活動が630~530万年前なのに対して、この明屋海岸の火山活動は280万年前とかなり新しくなります。しかしその火山の面影も浸食作用により、岩礁としての「ハート岩」周辺を残すのみとなっています。

「ハート岩」に近寄よる遊歩道には、赤い岩と通常に流れ出た黒い玄武岩の境目や、赤いスコリアにめり込む火山弾などを見ることができます。それらについての解説が遊歩道の入口にあるので一読してから先に進みましょう。

中ノ島の菱浦港全景。島前は島の名前と港の名前がバラバラなので、慣れるまでヒヤッとすることもある。

菱浦港フェリーターミナル。観光案内所、土産物販売、レストランなどが入る総合施設。

フェリーターミナルの内部。有名になった「ないものはない」のフレーズも。土産のパッケージデザインなども洗練されており、他島とは一線を画する。

後鳥羽上皇御火葬塚。参道の奥には上皇が19年間過ごされた寺跡がある。

明屋海岸の入口。夏は海水浴場、キャンプ場になる。

明屋海岸のハート岩(写真右の岩礁)。

ハート岩への遊歩道入口付近にある2色の岩の層。赤色は溶岩のしぶきが酸化したもの、黒い岩は流れ出て酸化しなかった玄武岩。

木路ヶ埼に向かう県道からの島前カルデラ。焼火山付近に夕日が沈むと絶景になるだろうと予想する。次回の私の課題。

明屋火山が大きな入江を埋めたためにできた平地に田んぼが広がる。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

隠岐片麻岩 島後

「隠岐片麻岩」の露頭。縦に並んだ片理模様がたまらなく美しく、線描の抽象絵画をイメージして撮ってみた。今回の隠岐の島の取材で撮った写真で一番好きなのがこれ。

隠岐片麻岩に含まれるガーネット(ざくろ石)の小さな結晶。表面に鼻を付けるくらいの近さで見ると、岩はまた別の表情を見せてくれる。写真はマクロレンズを使い等倍以上に拡大して撮影している。

島前の地形は、火山島とカルデラの形成というシンプルなストーリーがあり、しかもそれが見て分かりやすく、且つ壮大に展開するので、私のような地形愛好者向きでした。それに対して島後は、複雑なのか、不明なのか、今ひとつ大きなキーワードが見えにくい感じです。特に写真家としては、小さな風景をコツコツと繋ぐ感じで、これぞという大きな地形のシーンが見当たらないのです。

その中で、日本最古の岩石のひとつと言われる「隠岐片麻岩」の存在はとても気になるものです。ただ、隠岐片麻岩はたまたま島後の大地に含まれていただけで、島を形作った地質史のメインストーリーに関わる存在ではないと思います。むしろ日本列島を考える時に重要になってくる岩体ではないでしょうか。

隠岐片麻岩は、沈み込むプレートによって地下15kmにまで引きずり降ろされた岩石が、約800℃の高温と高圧によって変成作用を受けてできた岩です。時系列でみると、日本列島が大陸から分離し日本海ができたのが約1600万年前、隠岐諸島で火山活動が活発だったのが600万年前、そしてこの隠岐片麻岩が地下15kmで変成作用を受けていたのが2.5億年前となります。もちろんそれは今の島後の地下深くでの出来事ではなく、遥か大陸の地下深くでのことでしょう。

片麻岩の表面には片理と呼ばれる縞模様が走っています。それは元々の岩石の性質が地下の高温・高圧でリセットされ、再構築されてできた模様です。銚子ダムの路肩に立ち、その模様を2.5億年という時間の隔たりと、大陸の地下深くからやってきたという距離を加味して眺めた時、無機質な岩に対して有機物を思うような不思議な感情が芽生えたのです。

銚子ダム。西郷の市街地から車で15分ほど。

ダム湖の横を通る県道に立てられた片麻岩の標識。

隠岐片麻岩の露頭。駐車場も完備され、露頭として管理されている。

片理模様が見やすいように、岩の表演が一部研磨してある。

ローソク島 島後

島後の風景① このシーンを見ることを願って島後にやって来る人は多い。数に限りがある乗船予約が取れること、当日波がなく船が出せること、そして夕日が見えること、以上をクリアするとこの光景に出会える。

島後の風景② 壇鏡の滝。正面から見た時、あまりの水量の無さにガッカリして撮らずに帰ろうかと思った。しかし滝の裏に回って見上げたシーンに息を飲む。落水の一粒一粒が見える。色々な滝を見て来たが、こんな見方もあるのかと思い知らされた。今回、島後で一番感動したシーン。

島後の風景③ 岩倉の乳房杉。15年くらい前にこの巨樹を撮りたくて島に来ている。今のように簡単に情報が手に入る時代ではなく、これ以外の被写体は探し切れなくて帰った記憶がある。今はまわり切れないほどの量の資料が手元にある。

島後の風景④ 水若酢神社。隠岐造りと言われる壮麗な本殿が見どころ。国指定重文。

島後の風景⑤ 西郷から大久方面に走っている時に目にした風景。思わず車を路肩に停めて窓を開けて撮った1枚。

島後の風景⑥ 屋那の舟小屋。外観よりも小屋のなかの様子が面白い。もっともプライバシーがあるので気楽には撮れないが…。

島後の風景⑦ 西郷の港風景。隠岐諸島全体に言えるが、いわゆる旅行者が好きそうな「ひと時代前の町並み」に出会うことはなかった。自然が厳しいのか、施設や家屋は可能な限り新しく建て直してある印象。

島後で圧倒的な人気のジオスポットと言えばローソク島になるのでしょう。遊覧船に乗り、船頭さんの巧みな操船により位置を微調整し、ろうそくの灯心と夕日を重ねることで奇跡の絶景が現れます。見て感じるというより、シーンを写真で持って帰るという、SNS全盛の今の時代らしい観光です。実際にローソク島の夕景に関しては、目で見るよりも撮った写真の方がはるかに感動的です。

島前では各島で遊覧船がありましたが、島後ではこのローソク島の夕景遊覧のみが運行されています。以前は白島海岸でやっていたそうですが、ローソク島に移行して廃止になったとか。白島海岸こそ海上から撮ってみたかった筆頭だったので残念です。ただ福浦港からローソク島に向かう間にも、岩脈や柱状節理の断崖など、スケールの大きな風景が展開し、それを観るだけでも乗船する価値があると個人的には思います。

島後の玄関口 西郷港。島前から来ると「町だな」と思う。

玉若酢神社の大きな注連縄。

かぶら杉。この看板が、大樹の威厳を損ねている。面と向かって対峙させて欲しい。

トカゲ岩。天然記念物の奇岩であるが、遠過ぎてこれに対する感情までは湧かない。

白島海岸。本当なら遊覧船で海上から見たかったが、廃止されたとのこと。

久保呂海岸にあるマントル(かんらん石)を含んだ玄武岩の礫。プレートの沈み込み地点から離れたことろにある隠岐の島では、上がってくる溶岩に地下深部のマントルが混じることがある。

大久の犬島。グリーンタフの奇岩。光線状態が撮影に適さず、岩の一部しか撮れていない。

那久埼。島前の島影が見える。夕日のポイントになっている。

福浦港にあるローソク島の待合所。少し離れた「赤崎港」にも待合所があり、当日観光協会から出港港の指示がある。

夕日の時刻に合わせて出港時間が指定される。何隻かの漁船に分乗し、約70分の遊覧へ。

出港してすぐに見える福浦トンネル。明治初期、火砕岩を人力で掘って作ったトンネル。

火山の断面を見る。シャモジ型をしたのが火道跡の岩脈。

遊覧船からは続く断崖も見もの。個人的にはこれだけでも遊覧船に乗る価値あり。

順光で見るローソク島。柱状節理と荒波の合わせ技によりこの形が残った。

ローソク島と夕陽(1度目)

数隻の遊覧船が出るので、ローソク島は順番で見る。一巡したら、再度重なる位置に。空に色が付き始めていい感じになる。

ローソク島から福浦港への帰り道、遥か遠くに島前の摩天崖が見える。やっぱり垂直の壁だ。

取材日:2017年8月2日~8月6日

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

▼各SNSにこの記事をシェアする

画像の無断コピーはご遠慮ください。 Please do not copy unauthorized copies of images.