須佐のホルンフェルス 山口県萩市

ニコンD500 VR70-200mmf2.8G ISO200・f10・15秒 晴天 ND1000 2017年6月4日19:09撮影

断崖の下から広角レンズで見上げて撮る構図もあるが、地形の成り立ちがよりわかるこちらから撮ることにした。波の質感を消すために長時間露出の技法を使ったが、通常は300mm相当の望遠レンズを使って10秒を越えるような撮影はやらない。カメラブレのリスクが高過ぎるからだ。傘をかざして風除けにしたり、あらゆるブレ対策を講じて撮った一枚。

【須佐のフォルンフェルス】

堆積岩が貫入してきたマグマに触れて激しく焼かれ、岩としての性質から変化することを「接触変成作用」と言う。また、それによってできた岩を「接触変成岩」、または「ホルンフェルス」と呼ぶ。須佐ホルンフェルスの場合、焼いた張本人のマグマは、現在、背後にそびえ立つ「高山(こうざん)」という山になっている。またここのシンボルである白黒のストライプ模様は、砂岩と頁岩の互層構造の名残りで、実はこのあたりは貫入したマグマから少し離れており、熱による変成度としては「ホルンフェルス」と呼べるギリギリのレベルでしかない。

▼各SNSにこの記事をシェアする

画像の無断コピーはご遠慮ください。 Please do not copy unauthorized copies of images.